MENU

今の法律では過激な営業が出来ない金融会社

カードローンを利用していて、返済ができなくなってしまうかもしれないと思う瞬間は、経験したことがありますか?本当はあってはいけないことですが、どうしても期日までに返済するべき金額が用意できそうもない状況は、考えられることですね。

 

たとえば、転職したことで以前よりもぐっと給料が下がってしまうということもあって、返せると考えていた金額が返せなくなってしまったという例や、会社の業績が思わしくなかったため、リストラやボーナスのカットという事態になってしまい、お金が用意できなくなってしまった、という例もあります。

 

そういった状態になってしまった時に、家に取り立てをする人がおしかけてくるのだろうかと心配してしまう方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

 

テレビドラマなどで見かける光景を想像してしまうかもしれません。しかし、しかし、金融に関する法律の中で、そういった取り立ての行為は制限されていますので、発覚した場合は営業停止などに追い込まれる可能性があります。

 

ですから、テレビドラマの中でみかけるような取り立てはないと思ってよいでしょう。しかし、そうかといって滞納していると、その情報は登録されてしまい、将来に響きますので気をつけましょう。

返済が遅れてしまっても連絡を入れておけば安心

正規の業者で借りている以上は、例え返済が遅れてしまうとしてもしっかりとこちらから連絡を入れておけばとくに大きな問題は起こりません。
とは言っても数日〜長くても1ヶ月程度の遅れに限られ、あまりにも大きな期間の遅れとなってしまうと、信用情報に傷が付くことになるので注意が必要です。
万が一にも継続して返済金が不足しそうと感じる場合には、とりあえず利息分の支払いでOKとしてくれる場合もあるので、電話を入れて相談をしておくと良いでしょう。

 

もし返済の負担が重くなってきたと感じるときがあるなら、早めに借り入れをまとめるおまとめローンでのカードローン利用を考えてみると良いでしょう。