MENU

暮らしの中に組み込まれている色々なローン

世の中にはローンと言う言葉がありますが、あなたはローンがどういったものなのか、説明することができますでしょうか。ローンとは、お金に限らず、ものを貸すという意味を持つ単語なのですが、一般的にはお金を貸してもらうことだと解釈されて使われていますね。借りる側の私たちも、借りることをローンだと言ったりします。

 

私たちが生きていく中ではお金はとても大事なもので、必要不可欠なものです。何かを手に入れたいと思った時、やはりお金がなくてはいけません。自動車が欲しいと思った時、家を手に入れたいと思った時、本当にいろいろな場面にて、お金が必要となります。

 

生活用品のこまごまとしたものだったら、収入の範囲内ですぐに買えるのですが、マイホームとなると、かなり働かなくてはなりませんし、1000万円以上の大金をすぐに用意できるわけはありません。

 

また、急な出費ができてしまったという場合もありますよね。そういった時に頼りになるのがローンなんです。ローンは色々な種類がありますし、個人の価値観によっても変わってきますね。選択肢はたくさんありますから、いろいろなローンを選ぶことができます。生活を支えてくれるローンと言う存在、大事にしていきたいですね。

目的を持ったローンの審査は厳しい

消費者金融や銀行での借り入れではなく、大きな金額の契約となるローンについては審査が厳しくなっています。
過去に返済の遅れがあったとしても、直近で問題なく支払いが出来ていれば審査に通る事もある消費者金融のカードローンに対して、住宅ローンなどの桁が一つも二つも違うような審査となりますと、途端に通らなくもなるものです。
保証人を複数立てることで通る場合もありますが、カードローンでは保証人が不要となっているため、似ているようでカードローンとローンは大きく違うのです。