MENU

借金の債務整理は弁護士か司法書士か

借金の債務整理を法律の専門家に依頼する場合、弁護士と司法書士がいます。どちらも担当してくれます。ではどちらに依頼しするほうが良いのか、それぞれに特徴があります。

 

司法書士の場合は、任意整理をする場合は取扱できる債権の金額が140万円以下と上限が設定されています。これを超える債権額であると、交渉権がないので、弁護士に依頼することになります。

 

一方弁護士は、司法書士のような制限がないので金額にかかわらず依頼することができます。それと、司法書士は債務整理の方針が任意整理以外の手続きである民事再生や自己破産となると書類の作成をすることができますが、依頼者の代わりに裁判所に出廷したり債権者と交渉することができないのです。

 

こうなると、弁護士に最初から依頼したほうがいいことになるのですが、費用面から考えると弁護士は取り扱える案件の範囲が広い分、費用が高めに設定されます。一方司法書士は、時給が1000円までいかない求人も出ている通り、依頼料金は安めに設定されているのです。

 

民事再生や自己破産を考えているのであれば弁護士ですが、140万円以下の借金で任意整理程度であれば、弁護士よりも司法書士のほうがいいということになります。

債務整理は実績の豊富な法律事務所に依頼をするのが大事ですので、ネット上でも評判となる債務整理弁護士を調べてみましょう。